微笑む医者達

症状について

アルツハイマー病は徐々に進行していきます。病気の進行度は大きく3段階に分けることが出来ますが、初期段階で治療していく方が改善も早いと考えられます。症状が重くなる前に診察しましょう。

詳細を確認する...

発症する原因

アルツハイマーを発症する原因は、加齢と共に伴う脳の変化、遺伝、環境、生活習慣などがあります。また、血管に関わる病気が原因になっていることも多いので、その病気がある人は治療の際に検査をすると良いでしょう。

詳細を確認する...

治す方法

アルツハイマーの治療方法は未だ研究段階にあります。医薬品によって思考や記憶の維持を助け、行動や精神的な異常を抑制することができます。しかし、人によっては効果が見られないこともあります。

詳細を確認する...

どうやって治すのか

アルツハイマーという言葉を聞いたことがあるけれど、どのような病気なのか知っている人は少ないでしょう。
アルツハイマーとは、脳の異常が原因で発症する病気です。
問題なのは、記憶や考え、行動が通常時とは異なってくるところです。健常者には起こらないような行動や言動を起こす場合があります。
この症状は、健常者の老化や精神的な病とは関係ありません。
アルツハイマーは認知症という脳の病気に分類されます。認知症患者の約60~80パーセントの人がアルツハイマー病患者だと言われています。
近年、高齢化社会になるにつれて、認知症患者やアルツハイマー病患者が年々増加傾向にあります。

アルツハイマー病と診断された患者には、どういった症状が起こるのか、分からない人が少なくありません。
まず、アルツハイマー病の初期の段階では、軽い記憶障害が起こります。
例えば、言おうとしていた言葉が全く出てこなかったり、物事の判断が出来なくなったりします。
次の段階では、行動に大きく出てきます。いつもの道を迷うことが多くなる、お金の支払いができなくなる、日常生活の行動に時間が掛かるなどです。
そして、感情がコントロール出来なくなり、数分前の人格と変わることがあります。
このような段階の症状が見られた頃には、はっきりとアルツハイマー病と診断されます。

アルツハイマー病は放おっておくと、どんどんひどくなっていきます。
そのため、早めに診察して治療を始める必要があります。
軽度の症状の場合では、周りに迷惑を掛けることが少ないですが、段々進行してくると地域の人にも負担を掛ける回数が増えます。
さらに、仕事を続けることも難しくなるでしょう。
段々症状が進行してくると、排尿障害や痙攣発作を起こす回数が増加し、1日のほとんどをベッドで過ごすことが多くなります。

アルツハイマーの症状は一人では解決が難しくなります。
なぜなら、アルツハイマー病は夜中に急に歩き出すことがあったりすることがあるので、隣近所に迷惑を掛けることが多くなります。
そのため、福祉の面での協力が必要になります。
医療福祉とは健康になるために治療することを目的としている医療と、生活問題を改善するための福祉が協力関係にあることです。
認知症の中でも多いアルツハイマー病では、高齢者の発症人数がとても多くなっています。
なので、老人福祉施設などと協力することでアルツハイマー病が早期に解決出来やすくなります。